風呂敷でマスクを作ってみる

コロナ禍において、世界規模で注目を集めたのが『マスク』になります。
あらゆる場面でマスクをすることは必須とされ、我々の生活にも溶け込みました。

今回はそんな風呂敷を使ったマスクの紹介をします。

☆この記事を書いた人☆

和装プロデューサー、山本丈之。
古都京都に生まれ、幼少期より日本古美術文化に触れ、その美的感性を磨く。
家業の悉皆業を通じ、伝統と革新の融合した和装ブランドの確立に興味を抱く。
2004年、本格的にプロデューサーとしてのキャリアを構築し始める。
2010年、「作品を通しすべての人々の人生の一部になれる様に貢献していきたい」という想いを込め、古典柄から現代の斬新なテイストを幅広く取りそろえる和装デザイナーズブランド「想創蒼」のプロデュースを開始。

風呂敷マスクが、新型ウィルスの感染防止に役に立つかどうかはわかりません。
感染防止のためには、市販されているマスクを着用する方がいいと思います。

それとは別の観点で、風呂敷を使ったマスクの作り方を紹介します。

私は和装(着物)を制作するプロデューサーになります。
そんな和装シーンに活用できるものだと感じています。

読み進めて確認してみて下さい。

【やり方は超簡単】風呂敷でマスクを作ってみる

まず風呂敷でマスクを作るときの風呂敷のサイズは、中幅と呼ばれる約48センチ四方のものになります。
これ以上の大きさの風呂敷を使用すると、人間の顔には大きすぎるということになります。

まずは、風呂敷を半分に折ります。

半分に折った風呂敷を、3分の1の幅づつ2回折ります。

ヘアゴム等の輪になっているゴムを通します。

ゴムの部分を起点に、左右を折ります。
どちらの角でもいいのですが、一方を中に入れ込みましょう。

これで完成になります。

実際に、マスクをしてみました。
3分の1に折った部分を出すことによって、あごにまで到達するようなマスクのできあがりです。

最後に

この風呂敷のマスクは風呂敷の柄の多様性もあり、非常におしゃれなマスクになります。
その時の装いに合わせて、こういったマスクを使ってみるのもいいでしょう。

洗濯するのも簡単なマスクになるので、使い勝手も抜群です。

風呂敷の活用の範囲の大きさには驚かされることばかりです。
ぜひ、すぐにでも活用してみて下さい。

↓風呂敷を『背負う』という使い方はコチラをチェック↓

今後もこういった発信を続けていきますので、よろしくお願いいたします。

和装プロデューサー
デザイナーズブランド『想創蒼』代表 山本丈之

和装ブランド『想創蒼』展示会情報

●『想創蒼』代表 山本丈之

※下記のイベントは終了しました

最新の展示会情報はコチラをご覧ください

2021年7月の展示会情報は以下のとおりです。
7月2日~5日・京都府京都市にて
7月9日~13日・広島県広島市にて
7月16日~20日・山口県下関市にて
7月23日~27日・広島県広島市にて

●『想創蒼』アーティスト 山下純一

2021年7月の展示会情報は以下のとおりです。
7月9日~11日・岡山県倉敷市にて
7月16日~19日・福岡県行橋市にて
7月23日~25日・広島県廿日市市にて

※状況により予定が変更になる場合があります。
※詳しい会場情報が知りたい方はお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です