【知ってて損しない】風呂敷の意味の様々

風呂敷に対する疑問

①風呂敷ってどんな由来があり、いつからあるものなのだろう?

②風呂敷って色んな大きさがあるけど、その違いは何なのだろう?

③風呂敷の用途ってどういうもので、そこに風呂敷の色が関係するのだろうか?

ということで、この記事ではこのような疑問に答えるために、風呂敷の歴史と使い方のTPOをお話ししていきます。

『風呂敷とはなんなのか?』ということを知っていただくことで、より風呂敷への愛着が増すということを考えるからです。

☆この記事を書いた人☆

和装プロデューサー、山本丈之。
古都京都に生まれ、幼少期より日本古美術文化に触れ、その美的感性を磨く。
家業の悉皆業を通じ、伝統と革新の融合した和装ブランドの確立に興味を抱く。
2004年、本格的にプロデューサーとしてのキャリアを構築し始める。
2010年、「作品を通しすべての人々の人生の一部になれる様に貢献していきたい」という想いを込め、古典柄から現代の斬新なテイストを幅広く取りそろえる和装デザイナーズブランド「想創蒼」のプロデュースを開始。

この記事では、風呂敷について以下の3つテーマに絞ってお話ししていきます。
これらを網羅すれば、風呂敷の基本的な用途と意味がわかります。

  • 風呂敷の歴史と広がり
  • 風呂敷の色と紋様
  • 風呂敷の大きさとTPO

知って損しない風呂敷の基本知識をお届けします。
明日から早速使っていただけるでしょう。

【歴史】風呂敷の意味の様々

風呂敷は『風呂』という言葉が示すように、起源は入浴にあります。

古くは『入浴時』に衣類を脱いで包んだり、またはその衣類を着るときに床に敷いたりしていました。
そんな風呂敷の原型は、あの正倉院にも残っています。

古くは『衣包(ころもつつみ)』や『平包(ひらつつみ)』と呼ばれていましたが、江戸時代に入って銭湯風呂が発達することで、風呂敷の名前が一般にも定着していくことになるのです。
その中で、衣類以外のものも何でも包める風呂敷は広く普及していくことになるのです。

しかし明治以降に西洋からカバンが入ってくることによって、風呂敷はその需要をどんどん失っていくことになり、慶事や弔事などにおける使用や、和の伝統における使用にとどまることになります。
しかし、近年では和文化の見直しや、風呂敷自体のおもむきを好む人がいたり、エコバッグとしての使用法をされたりと使用する人が増加の傾向にあります。

海外でも愛される風呂敷

風呂敷はその和の紋様と、シンプルなデザイン、何かを包むだけでなくタペストリーとしても使うことができるので、日本以外の人にも人気があります。
『Japanese wrapping cloth』と呼ばれ、海外向けのお土産としても非常に人気があり、観光地にはひしめくように風呂敷が販売されていたりもします。

日本文化を気軽に味わえる風呂敷は、今後も大きく広まっていくと思われ、この記事であるような風呂敷の基本知識は『おもてなし』をするという意味でも、身に付けておくといいでしょう。

風呂敷の色と紋様の意味

こういうことを頭に入れておくと、風呂敷のTPOで失敗することが少なくなります。

風呂敷の色の意味

風呂敷の色による意味合いを見ていきましょう。

『紫』は風呂敷において定番となる色です。
先方への敬意の意味が込められています。

『朱色』はその明るい色合いが示す通り、慶事に使われることが多い色になります。
結婚式における『引き出物』を包む風呂敷の色として見かけることがあります。

『藍色』は弔事に使われる風呂敷の色です。
落ち着いたその色の風呂敷を持っていくことで間違いがありません。

『利休色』と呼ばれる黒みがかかった緑色があります。
この色の風呂敷は慶弔両用に使用できるとされています。

風呂敷の紋様の意味

風呂敷の紋様(柄)には様々なものがあります。

一番格が高いものは『家紋』が入っている風呂敷です。
正式に使う時にはもってこいなのです。

後は吉祥文様と呼ばれる様々な和の柄です。
吉祥文様は縁起柄なので、贈り物などを包んだりするにも最適で、非常に使い勝手がいい紋様です。

最近の風呂敷はもっと様々な紋様があります。
和の柄だけにとらわれずに、洋柄のものも多数あります。
風呂敷の専門店に行くと、その様々な風呂敷に時間を忘れて楽しむことができるでしょう。

唐草紋様に隠された秘話

風呂敷の唐草紋様(特に緑と白の)といえば思い浮かべるものがあります。

そう、『泥棒のイメージ』です。

そもそも、唐草紋様も吉祥文様の一つです。
唐草紋様は古代エジプトで生まれ、シルクロードを渡って日本に入ってきた歴史と伝統のある柄なのです。

この唐草紋様の風呂敷は明治から昭和にかけて、大量生産され流通していきます。
いわば風呂敷の定番柄なのです。

その頃の泥棒は、手ぶらで家々に侵入します。
なので、盗んだものを包む風呂敷をまずは探して使用するのです。
その時の風呂敷の定番柄が、唐草紋様というわけでそのイメージを作り出すのです。

こんな風呂敷にまつわるウンチクも、面白いと言えます。

風呂敷の用途と大きさ

風呂敷はそもそも一反(幅が約35センチ〜40センチ、長さが約12メートル)を利用して、作り出していました。
その時に無駄なく裁断し縫製するので、多少の長短があり正方形ではありませんでした。

短辺34センチ、長辺37センチのものを『一幅』と呼び、基本の大きさとなります。
そして1反を5等分して縫い合わせたものを『一反風呂敷(六幅)』と呼び、大きさ畳2枚分の最大の風呂敷になります。

以下にまとめます。

大きさの名称大きさTPO
中幅約45センチ四方金封包み・お弁当包み・ティッシュ箱包みなど
二幅約68センチ四方慶弔様々に・菓子折りなど
二四幅約90センチ四方エコバック包み・のれん・テーブルクロスなど
三幅約105センチ四方着物・洋服,ストールなど
四幅約128センチ四方座布団4客・ソファーカバー・こたつ掛けなど
六幅(一反風呂敷)約205センチ四方布団一組・シングルベットの上掛け・壁飾りなど

まとめ

風呂敷の意味の様々をまとめてきました。

風呂敷の意味を知ると、日本の歴史と和装との関連性も知ることができます。
そして、『エコ』という要素もある風呂敷は、今後もその可能性を広げていくものだと感じています。

↓風呂敷の使い方についてはコチラをチェック↓

和装プロデューサー
デザイナーズブランド『想創蒼』代表 山本丈之

和装ブランド『想創蒼』展示会情報

●『想創蒼』代表 山本丈之

2021年2月は兵庫で展示会を開催
2月5日~9日・兵庫県姫路市にて
2月12日~16日・兵庫県明石市にて
 これらのイベントは終了しました

●『想創蒼』アーティスト 山下純一

2021年2月は山口、長野、福岡で展示会を開催
2月5日~9日・山口県下関市にて
2月18日~22日・長野県上田市にて
2月26日~28日・福岡県筑紫野市にて
 これらのイベントは終了しました

最新の展示会情報はコチラからご覧ください。

※状況により予定が変更になる場合があります。
※詳しい会場情報が知りたい方はコメントにて受け付けております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です