【1枚は持っていくべき】風呂敷の旅行先での活用術

風呂敷には大いなる可能性があります。

風呂敷の最大の特徴は『持ち運びやすさ』と言えます。
風呂敷は1枚のほぼ長方形の布であり重さもなく、畳むことによってどんな場所にでも邪魔なく収納することができます。
にもかかわらず『大容量のモノを収納できる』というのが風呂敷でもあります。

この記事を通して、そんな便利な風呂敷を旅行に持っていくことをオススメします。

旅先で荷物が増えることはよくあることですし、荷物を収納するバッグの出番は多いでしょう。
かといって、持っていけるバッグの数は限られているのです。
そんな時に颯爽と活躍するのが風呂敷なのです。

この記事では、そんな便利な風呂敷の旅先での使い方をご紹介します。

☆この記事を書いた人☆

和装プロデューサー、山本丈之。
古都京都に生まれ、幼少期より日本古美術文化に触れ、その美的感性を磨く。
家業の悉皆業を通じ、伝統と革新の融合した和装ブランドの確立に興味を抱く。
2004年、本格的にプロデューサーとしてのキャリアを構築し始める。
2010年、「作品を通しすべての人々の人生の一部になれる様に貢献していきたい」という想いを込め、古典柄から現代の斬新なテイストを幅広く取りそろえる和装デザイナーズブランド「想創蒼」のプロデュースを開始。

この記事では、以下の3つの旅行先で使える風呂敷の活用術をご紹介します。

  • キャリーケースに風呂敷を巻きつけて使う
  • どこでも使える風呂敷バッグ
  • 風呂敷をリュックにして活用する

この記事を読むことで、風呂敷の活用の幅が広がります。
そして旅行に行く時に、そんな風呂敷が1枚はあればいいと思うはずです。
さらに、この記事でのやり方を実際にやってみることでその便利さを思い知ることになるでしょう。

早速、読み進めて活用してみて下さい。

風呂敷の旅行先での活用術【キャリーケース】

旅行には必ずキャリーケースを持っていきます。
キャリーケースは大容量の荷物を持ち運ぶ時に便利ですが、難点としてはどこでも開ける事ができないという事です。
さらには、キャリーケースに入らない荷物ができてしまうこともあります。

そんな時に、キャリーケースと一体となって荷物を運べるものがあったらいいと思いませんか?
それが風呂敷なのです。

そのやり方をご紹介します。

荷物を風呂敷の中央に置きます。
そして上の角と左の角を真結びします。

その真結びをしたところに、下から角を通していきます。

上の写真が、角を通した状態です。

そしてこの状態で、キャリーケースにセットしましょう。

そうして下から通した角と、残っている右の角を巻きつけるように真結びします。

これで完成です。
動かないようにしっかりと真結びをしましょう。

キャリーケースと一体になった風呂敷のサブバッグは非常に役に立ちます。
ふとした時にできた荷物を風呂敷で包んで、キャリーケースに巻きつけてみて下さい。

風呂敷のサイズ

ここで使っている風呂敷のサイズは、二四幅と呼ばれる約90センチ四方の風呂敷になります

風呂敷の旅行先での活用術【サブバッグ】

旅行先で、少しだけ出かける時用のサブバッグがあればいいと思いませんか?
かといって、それだけのためにバッグを持っていくのも、それはそれで荷物になるものです。

そんな時には風呂敷の出番です。
ここでは、簡単にできる風呂敷のサブバッグの作り方をご紹介します。

風呂敷を広げて、下側の2つの角を結びます。

そして、上側も同じように結びます。

そして結んだ先で隣り合う角同士を『真結び』します。

これででき上がりです。
風呂敷のサイズを調整することで、万能のサブバッグとなります。

滞在先で、少しだけ出かける時にも使えますし、買い物をした時のエコバッグの代わりとしても活用できるやり方になります。

風呂敷のサイズ

ここで使っている風呂敷のサイズは、二幅と呼ばれる約68センチ四方の風呂敷になります

風呂敷の旅行先での活用術【リュック】

風呂敷はリュックにすることもできます。
両手を空けることができるリュックは、旅行先では活用しどころの多いアイテムになります。

そのやり方をご紹介していきます。

風呂敷の中央やや上に荷物を置きます。

そしてそれを下から包みます。
上で重なり合った角を交差させます。

交差させて、近くなった角同士を『真結び』します。

腕が通るくらいの輪を作ります。

これを背負うことで風呂敷リュックのでき上がりです。
サブバッグと同様に、風呂敷のサイズを変えることで様々な活用ができるでしょう。

旅行先の特に移動中は、両手が空いている状態をつくりたいものです。
その時にこのリュックは非常に便利だと言えるのです。

風呂敷のサイズ

ここで使っている風呂敷のサイズは、四幅と呼ばれる約128センチ四方の風呂敷になります

終わりに

風呂敷の旅行先での活用術をご紹介してきました。
どれもすぐに使えるやり方ばかりだったはずです。

さらにこういったものは、機能性もさることながらおしゃれ度が高くないといけません。
そうでないと、使う機会は減るのです。
非常に多くの種類のある風呂敷は、その要素も大いに満たしているのです。
活用せずにはいられないのです。

↓風呂敷を使った瓶の包み方はコチラをチェック↓

今後ともこういった発信を続けていきますので、よろしくお願いします。

和装プロデューサー
デザイナーズブランド『想創蒼』代表 山本丈之

和装ブランド『想創蒼』展示会情報

※下記のイベントは終了しました

最新の展示会情報はコチラをご覧ください

●『想創蒼』代表 山本丈之

2021年9月の展示会情報は以下のとおりです。
9月9日~14日・福岡県福岡市博多区にて
9月17日~21日・福岡県久留米市にて
9月23日〜28日・福岡県熊本市にて

●『想創蒼』アーティスト 山下純一

2021年9月の展示会情報は以下のとおりです。
9月10日~14日・大阪府守口市にて
9月15日~19日・広島県三原市にて

●『想創蒼』アドバイザー

2021年9月の展示会情報は以下のとおりです。
9月8日〜12日・広島県安芸郡にて

※状況により予定が変更になる場合があります。
※詳しい会場情報が知りたい方はお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です