モダンテイストに進化する和装【3つで解説】

和装プロデューサー、山本丈之。
幼少期より家業の悉皆業を通じ、日本古美術文化に触れ、その美的感覚を磨く。
2004年より本格的にプロデューサーとしてのキャリアを構築し始め、2010年に『株式会社一声』を設立、和装デザイナーズブランド『想創蒼』のプロデュースを開始する。
国内外に『和装の魅力』『和装の技術』を発信すべく、積極的なアプローチで意欲的に展開中。

日本の伝統美である和装、その流れは大きく広がっています。
『式事(フォーマル)』としての和装からカジュアル用途への広がりは、和装自体を大きく変えています。
その流れが和装のモダンテイストへの進化です。

この記事では、その進化を3つの視点で解説します。

もっと和装を身近に感じてもらい、和装を広げる為の発信となります。

  • カラーの進化
  • シーンの進化
  • アクセサリーの進化

モダンテイストに進化する和装【カラーの進化】

和装 モダン

まず進化しているのは『和装に使われるカラー』です。
伝統的な装いである和装は、そのカラーにおいても伝統色を使う事が一般的でしたが、それは大きく進化しています。

いわゆる『洋の色』と呼ばれるものです。
これに合わせて『和装の柄』も進化しています。

こうして和装のモダンテイスト化が進んでいるのです。

日本人はカラーに敏感

これは私の感覚によるところもありますが、日本人(特に女性)は色に対する感性が豊かです。
細かい色の違いを敏感に感じ取り、自分に合う色もよく把握しています。

この感性の豊かさが、和装での色選びにも発揮されています。

当然、和装を生み出す職人の力も忘れてはいけません。
この職人と和装を選ぶ日本人の感性とのコラボレーションが、和装の進化を促していると言えるのです。

モダンテイストに進化する和装【シーンの進化】

和装 モダン

さらに和装を着用するシーンの進化が、和装のモダンテイスト化に拍車をかけています。
和装は和のシーンでだけでなく、ありとあらゆるシーンに進出しているのです。

都会派の和装

象徴的な例として、最近は和装姿の人を駅で見る事が多くなりました。
その頻度は一昔前と比べると段違いの多さです。

洗練された和装姿は、高層ビルが立ち並ぶ都会のイメージと非常によく合い、その美しさは多くの人の目を惹きつけています。
そしてその場合は、やはりモダンテイストの和装が好まれているのです。

この進化はこれからも必ず続く事になるでしょう。

食事と和装

和装を楽しむシーンで欠かせないのが『食事』です。

友人や大切な人と和装を楽しむ場合、そこに食事という要素は必ず入り込みます。
そして、和装という特別な装いでは、食事もいつもとは違う特別なものとなる事は間違いありません。

その豊かな食事のシーンも、和装のモダンテイスト化の一役を担っているのです。

モダンテイストに進化する和装【アクセサリーの進化】

和装 モダン

忘れてはいけないのが、和装における『アクセサリー』の進化です。

本来、和装におけるアクセサリー関係は厳格なルールが存在しました。
『こうあるべき』が強かったのが、和装におけるアクセサリーだったのです。

和装におけるアクセサリーの重要性

ご存知の通り、和装の着姿は形が一緒になります。
洋服と違い、着姿に大きな変化がないのが和装の特徴です。
なので、人との違いをつけ個性を出すためには、コーディネートしかないのです。

そのコーディネートは、着物や帯、そして帯締め帯揚げ等の小物も含めて多くの選択肢があるのですが、その中にアクセサリーも付け加えるのが真の和装のコーディネートと言えます。

次に具体的な話をしていきます。

自由に楽しむアクセサリー

まず、最初に思い浮かぶのは、リングです。
本来の和装では『華美な指輪はつけてはいけない、結婚指輪くらい』というルールというか、慣習みたいなものがありました。
そのようなルールにはこだわらず、お気に入りのリングを付けることで、そのコーディネートは自分にとって特別なものとなります。
ただ、お洒落というのは『派手(華美)さ』だけではありません。
その装いにあったものを選ぶことも重要です。

次はピアス(イアリング)です。
モダンテイストの和装では、これが非常によく合います。
そのカラーも含めてトータルコーディネートとも言えるのです。

ネックレスで新しいコーディネートを目指すのも興味深いと言えます。
衿元を美しく見せたい和装では、ネックレスをつけるのはタブーとされてきました。
当然、その美しさも理解し受け入れていることを前提に、和装のイメージよってはネックレスをつけてコーディネートをするのも面白いのです。

最後に少し宣伝を

お話ししてきたように、和装におけるアクセサリーの可能性は広いです。
それを自由に、個性豊かに取り入れる事で、和装はモダンテイスト以上の進化となるのです。

自身のブランドでも、和装に合わせるブレスレットを展開しています。
私の作品を愛用してくれているお客様に使っていただいているものになります。

こういったアレンジも提案させていただき、締め括らせてもらいます。

和装プロデューサー
デザイナーズブランド『想創蒼』代表 山本丈之

イベント情報

2020年9月は3週連続、九州にてオリジナルブランド『想創蒼』の展示会を開催中!
9月18日~22日は福岡県久留米市にお世話になります! 
このイベントは終了しました。
詳しい情報を知りたい方はコメント下さい!

最新の展示会情報はコチラをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です