和装に花を添えて【3つのポイント】

和装プロデューサー、山本丈之。
幼少期より家業の悉皆業を通じ、日本古美術文化に触れ、その美的感覚を磨く。
2004年より本格的にプロデューサーとしてのキャリアを構築し始め、2010年に『株式会社一声』を設立、和装デザイナーズブランド『想創蒼』のプロデュースを開始する。
国内外に『和装の魅力』『和装の技術』を発信すべく、積極的なアプローチで意欲的に展開中。

和装には花が似合います。
これは和装自体に『花柄』が多いということもありますが、リアルな花と和装もピタリと合います。
やはり『和装』と『花』との相性度は高いと言えるのです。

今回はそんな『和装と花』を以下の3点でお話ししていきます。

和装の場面演出の参考にしてください。

  • 和装の場面には花を添えて
  • 和装と花柄について
  • 花柄を使ったコーディネートのポイント

和装に花を添えて【特別な日に自分らしい花を取り入れて】

和装に花を添えて【特別な日に自分らしい花を取り入れて】

和装をする時というのは、その人にとって『特別な日』です。
その『時別な日』を花で演出することは、定番でもあります。

なので日本人の感覚的にも、和装と花との相性は非常にいいと考えています。
そして和装の様々なアイテムに『花柄』が使われることは、ご承知のとおりだと思います。
花柄は和装をデザインする職人たちの意欲をも刺激します。
花をどれだけ和装の中に溶け込ませるのかは、職人達の技術の結晶なのです。

特に女性が楽しむ和装の中にはどこかに『花の要素』が入っているものです。
皆さん、自分らしいコーディネートの中に花を取り入れます。
そうやって選んだ和装は、着る人に自信がつき、そのことで和装姿のレベルは上がるのです。

和装に使う花柄

和装に使う花柄

和装の花柄には実に様々なものがあります。
写実的に描かれる花もありますし、文様化されたそれもあります。
その全てが見る人の目を奪うのです。

四季折々の花

主にフォーマルに使う和装には『四季折々』の花をあしらっているものがたくさんあります。
式事はどの季節にあるか予測がつかないので、そういう柄の配置にしたりします。

そういう用途的な意味もありますが、四季折々の花を和装に描くことによって、やはり豪華さが表現できるのです。
さらに四季が美しい日本では、それ自体が『おもてなしの心』を表現しているのです。

その中で、花柄の王様といえばやはり『桜』です。
桜は日本の国の花でもあり、すべての人に親しまれています。
そしてその美しさは、柄となっても変わりがありません。
日本人のアイデンティティーを発揮するのにベストな柄とも言えるのです。

増える洋花

和装の中では『洋花』も広く愛されています

私の作品の中にもその要素をふんだんに使っています。
特に代表的なものは『薔薇』ですね。
洋花の代表と言っても過言ではありません。

和装を着用する場面は、洋風な場面も多くあります。
普段で着るのなら特にその要素は高くなります。
そういったシーンに、薔薇をはじめとした洋花は好まれるのです。

花柄のコーディネート

花柄のコーディネート

花柄コーディネートのポイントをお話しさせていただきたいと思います。
皆様の和装ライフの参考にしてみてください。

花柄は一歩控えて

花柄は印象深いイメージになります。
なので、花柄を多用しすぎると、豪華すぎるようになるのです。
ハレの舞台では、そんなコーディネートも素敵であると思いますが、普段で使うには注意が必要になります。

なので、和装で花柄のコーディネートをする時は『無地場』をいかに上手く使うかが重要となります。
例えば、花柄の着物に無地の帯、その逆でも素敵ですよね。
この『無地場』という『間』の取り方が、コーディネートのセンスの良さにつながるのです。

センスのいいコーディネートスタイルは、見る人を魅了します。
そうして自信を持って和装を楽しんでもらいたいものなのです。

花をプレゼント

和装をしている人には、積極的に『花』をプレゼントしてみてください。
冒頭にもいったとおり、和装にはリアルな花もよく似合います。

そんな素敵な演出で、和装を盛り立てて欲しいと思っています。

和装プロデューサー
デザイナーズブランド『想創蒼』代表 山本丈之

イベント情報

2020年10月は島根県と九州にてオリジナルブランド『想創蒼』の展示会を開催中!
10月16日~20日は福岡県福岡市にお世話になります! 
このイベントは終了しました。
詳しい情報を知りたい方はコメント下さい!

最新の展示会情報はコチラをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です