【応用可能】風呂敷を使ったワインボトルの包み方

この記事では、風呂敷を使ったワインボトルの包み方を解説していきます。
難しそうに感じるかもしれませんが、そんなことはありません。
風呂敷の形状は非常にシンプルで、そんな風呂敷を使った包み方もまた、どれもシンプルで簡単なのです。

☆この記事を書いた人☆

和装プロデューサー、山本丈之。
古都京都に生まれ、幼少期より日本古美術文化に触れ、その美的感性を磨く。
家業の悉皆業を通じ、伝統と革新の融合した和装ブランドの確立に興味を抱く。
2004年、本格的にプロデューサーとしてのキャリアを構築し始める。
2010年、「作品を通しすべての人々の人生の一部になれる様に貢献していきたい」という想いを込め、古典柄から現代の斬新なテイストを幅広く取りそろえる和装デザイナーズブランド「想創蒼」のプロデュースを開始。

この記事では以下の2種類のワインボトルの包み方を解説します。

  • 基本的な包み方と持ち手を作る方法
  • ワインボトルを2本包む方法

ワインボトルと言っていますが、同じような瓶状のものやボトル状のものも同じような包み方ができますし、風呂敷のサイズを変えればどんなものにでも対応可能です。

包み方をマスターして、いろんなものに応用してみて下さい。

風呂敷を使ったワインボトルの包み方

それでは早速、ワインボトルを風呂敷で包んでいきます。

まずは、風呂敷の中央にワインボトルを置きます。
そして、前後の角を取ってワインボトルの上で真結びします。

残った左右の角をワインボトルの後ろに回して交差させ、前に戻して真結びします。

これにて完成です。

このまま、持ち手を作るパターンも紹介していきます。

上の真結びを一段階ほどきます。

両方をくるくるとねじって、上で真結びします。

これで完成、持ち手を作ることができました。

風呂敷でワインボトルを2本包む

続いては、2本のワインボトルを包む方法を解説していきます。

写真のように、2本のワインボトルを風呂敷の中央に置きます。

下から風呂敷をかぶせて、くるくると巻いていきます。

巻くことができました。

ワインボトルの底を押さえて、持ち上げます。

こうして持ち上げたワインボトルの左右の角を真結びします。

これにて完成です。

最後に

ワインや日本酒などのお酒は、ギフトとしての役割も多々あります。
そういった時にも、この風呂敷での包み方は役に立つのです。

風呂敷で包んでいくという一手間が、ギフトを渡す相手に対しての敬意と感謝の気持ちにつながるのだと思っています。

そういった心を表す手段としても風呂敷を活用して欲しいのです。

↓風呂敷を使ったティッシュカバーの作り方はコチラ

今後もこの様な発信を続けていきますので、よろしくお願いいたします。

和装プロデューサー
デザイナーズブランド『想創蒼』代表 山本丈之

和装ブランド『想創蒼』展示会情報

●『想創蒼』代表 山本丈之

2021年5月の展示会情報は以下のとおりです。
5月2日~9日・山形県山形市にて
5月14日~18日・徳島県藍住町にて
5月21日~25日・高知県香南市にて
5月27日~28日・広島県広島市にて
 これらのイベントは終了しました。

●『想創蒼』アーティスト 山下純一

2021年5月の展示会情報は以下のとおりです。
5月7日~9日・熊本県熊本市にて
5月14日~16日・宮城県利府町にて
5月21日~24日・佐賀県鳥栖市にて
5月28日~31日・広島県広島市にて
 これらのイベントは終了しました。

●『想創蒼』アドバイザー

2021年5月の展示会情報は以下のとおりです。
5月19日~23日・山口県岩国市にて
 これらのイベントは終了しました。

最新の展示会情報はコチラをご覧ください。

※状況により予定が変更になる場合があります。
※詳しい会場情報が知りたい方はお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です