和装の袖【誰もが認めるそのシルエット】

和装プロデューサー、山本丈之。
幼少期より家業の悉皆業を通じ、日本古美術文化に触れ、その美的感覚を磨く。
2004年より本格的にプロデューサーとしてのキャリアを構築し始め、2010年に『株式会社一声』を設立、和装デザイナーズブランド『想創蒼』のプロデュースを開始する。
国内外に『和装の魅力』『和装の技術』を発信すべく、積極的なアプローチで意欲的に展開中。

和装の袖が大きな注目を浴びているのをご存知ですか?

今、和装の袖がついている『洋服』が密かなブームになっています。
(和装の)袖つきのワイシャツがあったり、パーカーまであります。

和装の進化と影響力を感じることができて、非常に嬉しく思っています。

やはり和装はファッションとして、色んな人の感性を刺激するのです。
和装のシルエットは『かっこいい』ということなのです。

この喜びを胸に、今回は『和装の袖』について話をしていきます。

  • 袖の『ウンチク』
  • 袖の『標準サイズ』について
  • 和装の可能性について

知ってると『和装が楽しめる』物ばかり用意しました。

和装の袖【ウンチクを少々】

和装の袖【ウンチクを少々】

和装は日本の歴史と伝統がその背景にあるものです。
そんな和装にまつわる『言葉』というのは多くあるのです。
そんなウンチクを紹介します。

『袖』がつくことわざ

特に袖のつく言葉はたくさんあります。
今回はそれらをまとめてみました。
何かの時に使ってみると、非常に知的でおしゃれだと思います。

頂く物は夏も小袖欲が深いこと。夏には小袖は着ないが頂けるならもらう、ということから
三十振袖、四十島田女性が年齢に不相応な若作りをすること。(島田とは髪型のことです)
袖から火事小さなことが大きなことに発展すること(明暦の大火が袖から火が広がったと言われることから)
袖から手を出すのも嫌いケチなこと。金を出すのはもとより、袖から手を出すのも嫌がる、ということから
袖すりあうも他生の縁知らない人と袖が触れあうような些細な縁も、大切にするべきということ
袖にするそれまで親しくしていた人に冷たくすること
袖の下賄賂(ワイロ)のこと。人目につかないよう様から
袖の下に回る子は打たれぬ叱られて逃げる子は打ち(叩く)たくなるが、すがりついてくる子は可愛くて打てない、ということから
袖を絞る号泣すること。涙で袖が絞れるほど濡れる、ということから
袖を連ねる大勢の人が連れ立っていく様
袖を通す衣服を着ること
袖を引く他の人に気づかれないように、誘ったり注意したりすること
袖を分かつそれまで行動をしていた人との別れ(袂を分かつと同義)
長袖よく舞い、多銭よく買う素質と条件に恵まれた方が有利ということ
袖が長い方が舞が綺麗で、多くの金銭を持ってる方が商売に有利、ということから
無い袖は振れないいくら出したくても無いものはない、ということから
夏の小袖時期外れで不要な物のこと(小袖は夏には着ない)
破れても小袖上質なものや価値のあるものは、状態が悪くても値打ちを失わない、ということから
領袖集団の頭に立つ人のこと

結構たくさんあります。

聞き慣れたものもありますが、初めて聞くものもあると思います。

袖の『標準サイズ』

袖の『標準サイズ』

袖が下に伸びている衣類は『和装』以外にはあまりありません。
その袖の長さには色んな『伝統』があるのです。

袖で『年代』を表す

一般的に袖は『年代』を表すとされています。

振袖の袖は長いです。
その袖を短くする(留める)のが『留袖』となり、そのタイミングは結婚をする時です。

結婚をしてからも、年代に応じて徐々に袖を短くしていくのが『一般的』なのです。

補足

もう一つの要素は『身長』です。
背の高い人は袖を長めにすることがあります。

伝統より『機能性』を

(振袖は別として)年代に応じて袖の長さが変わるのは正直、煩わしいと思うのが私の考え方です。

着物の場合は襦袢も袖の長さを合わせないといけません。
なので、年代に応じて袖の長さを変えていると『着物』と『襦袢』の互換性が失われます。
それって、機能的でないと思いませんか?

大体の和装の販売店で売られている既製の着物(や襦袢)の袖の長さは概ね決まっています。

約49センチです。

補足

『約』というのは、和装は『尺貫法』と呼ばれる測り方があり、その場合の標準の袖の長さは一尺三寸で、それをセンチに直すと約49センチとなります。

よっぽどのこだわりがなければ、袖の長さは標準で作った方が互換性に富んでいるのです。

もっと自由に和装を楽しむために

もっと自由に和装を楽しむために

とまあ、若干『堅めの話』をしてまいりました。

もう一度主張したいことは、冒頭にもあった『和装』の広がりの話なのです。

和装には大きな可能性があるのだと思います。
どんな人も和装に対する憧れがあるのです。

そして『和装のシルエット』はデザイン性に富んでいるのです。

もっと自由に和装を

和装は『自分らしく』『自由』に楽しむべき物なのです。

ルールだけをいう人には、冒頭のような話は受け入れられないでしょう。
というより『和装』とは違う物とされそうです。

歴史と伝統は大事なのです。
ですが、もっと自由な発想がないと、和装は廃れていく一方なのです。

もっと自由に和装を楽しんでみてください。

その応援と提案をしていくのが、私の使命なのです。

和装プロデューサー
デザイナーズブランド『想創蒼』代表 山本丈之

イベント情報

2020年12月は京都と岡山でオリジナルブランド『想創蒼』の展示会を開催!
12月11日~15日は京都府福知山市にお世話になります! 
このイベントは終了しました。
詳しい情報を知りたい方はコメント下さい!

最新の展示会情報はコチラをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です