和装はファッション【これからの和装の楽しみ方】

和装プロデューサー、山本丈之。
幼少期より家業の悉皆業を通じ、日本古美術文化に触れ、その美的感覚を磨く。
2004年より本格的にプロデューサーとしてのキャリアを構築し始め、2010年に『株式会社一声」を設立、和装デザイナーズブランド『想創蒼』のプロデュースを開始する。
国内外に『和装の魅力』『和装の技術』を発信すべく、積極的なアプローチで意欲的に展開中。

和装とは一体なんなのでしょう。
遥か昔は、和装という概念はなく誰もが持っている『衣類』でした。
当然、衣類には色々な役割があります。

洋服が入ってくることによって『和装』という概念が生まれます。
当然、その後も『衣類』としての役割も果たしていくのですが、そのシェアはどんどん『洋装』に飲み込まれていきます。

その後、和装は『フォーマル』としての役割が大きくなっていきます。
フォーマル用途が高まると、それは着るものではなく『持たなければいけないもの』になっていくのです。
『大人になるとブラックフォーマルの1着は持ってないといけない』こんな感覚です。

しかし、これからの和装はファッションです。
『個性』を主張するファッションという概念に和装はどんどん突き進みます。

今回の記事はそのことを再確認してもらう記事となっております。

  • 和装人口は確実に増加している
  • 和装とは個性の主張
  • 和装をファッションとして楽しむためには

和装はファッション【和装人口の増加】

和装はファッション【和装人口の増加】

まずは私の実感として『和装人口が増加している』という話をさせていただきます。

駅で見る和装をしている人の増加

私は自分のブランド展開のために、全国各地を回っている人間です。
そうしていると『日本全国の主要都市の駅』を利用することになります。
そこで見る『和装をしている人』が明らかに増えてきていることを実感します。

10年くらい前は、『夏祭りのシーズン』と『結婚式帰りと思われる人』くらいしか駅で和装を見ることはありませんでした。

今、駅を和装で歩いている人の大半は『カジュアルの着物』を着ています。
つまり和装をファッションとして楽しんでいる人たちなんですよね。

特に都会では、そんな和装姿で颯爽とビルの間を歩んでいる人をよく見かけます。

明らかに和装の楽しみ方は変わってきているのです。

和装の販売実態

私は全国で和装の販売にも携わりますが、フォーマル着物を販売する機会は減少の一途をたどっています。
お客様が求めるものは『小紋』を中心としたカジュアル用の和装です。

私が扱っている作品自体が、カジュアル・ファッション寄りということもありますが、現場の感覚も間違いなくそちらに傾いているのです。

お客様はそんな和装を求め、自分らしく和装を楽しんでいるのです。

和装はファッション【個性の主張】

和装はファッション【個性の主張】

ファッションとは個性の主張に他なりません。
おしゃれな人は自分の個性を認識し、それに合わせた装いをするものです。

フォーマルは無難、ファッションは主張

フォーマルの和装はいわゆる『無難』を選ぶものです。
『場と周りに合わせる』という事が最も求められるフォーマルでは、個性の主張は難しいと言えるのです。
特に和装は『ルール』を言い出したら止まりませんし、それを頑なに信じている人が多いのも事実なのです。

しかし『カジュアルの和装』は自由なのです。
自由だからこそ、どれだけ主張を入れるかが重要になります。
その主張こそが『和装をファッション』にするのだと考えます。

その主張を極めるからこそ、和装はファッションとして楽しいものであるのです。

どんどん自由になる和装の世界

そして和装の商品も変化の一途を遂げています。
それは和装に使われる『色』であり『柄』です。

従来の和装では使われることのなかった『色柄』がどんどん和装に入ってきているのです。

そしてそういう商品を扱うところも非常に増えてきていて、求める人も増えています。

この『和装の自由化』が更なる進化を遂げていくことは間違いありません。

和装はファッション【着付のススメ】

和装はファッション【着付のススメ】

和装のファッション化の話をしてきました。
最後にその流れに乗っていくための、最も大事なことをお話しします。

それは『着付』です。

綺麗に和装を着ることの重要性

和装は『綺麗に着ること』が非常に大事です。

100万円の和装を汚く着るより、100円の和装を綺麗に着る方が見た目に美しいのです。

この意識は本当に大事です。
なので和装をファッションで楽しむためには、この着付のスキルを習得することをオススメします。

着付を難しく考えている人は多いですが、そんなことはありません。
事実、たくさんの人が着付にチャレンジし、綺麗に着れるようになっています。

人から美しいと言われる『着方』で、和装をファッションとして楽しみませんか?

和装プロデューサー
デザイナーズブランド『想創蒼』代表 山本丈之

イベント情報

2020年11月は四国にてオリジナルブランド『想創蒼』の展示会を開催中!
11月13日~17日は徳島県徳島市にお世話になります! 
このイベントは終了しました。
詳しい情報を知りたい方はコメント下さい!

最新の展示会情報はコチラをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です