和装の選び方【3つの場面】

和装プロデューサー、山本丈之。
幼少期より家業の悉皆業を通じ、日本古美術文化に触れ、その美的感覚を磨く。
2004年より本格的にプロデューサーとしてのキャリアを構築し始め、2010年に『株式会社一声』を設立、和装デザイナーズブランド『想創蒼』のプロデュースを開始する。
国内外に『和装の魅力』『和装の技術』を発信すべく、積極的なアプローチで意欲的に展開中。

日々、和装の選び方を現場にてご提案させていただいています。

従来の和装の選び方といえば、『ルール(TPO)』をお話しするのが正攻法でした。
しかし昨今、和装の世界ではこの『ルール』という概念は薄れつつあります。
和装は『ファッション』という概念になってきているのです。

『ルール』の主体は他者ですが、『ファッション』の主体は自分なのです。

これを基軸として、以下の3つの場面での『和装の選び方』をご提案します。

  • 場面の華としての和装
  • 謙譲の意味としての和装
  • 自分らしさを打ち出す和装

和装の選び方【自分が主役の場面】

和装の選び方【自分が主役の場面』

特別な時を和装で彩ろうとする人が増えています。

お客様の中には、毎年の結婚記念日は必ず和装で出かけるという人がいます。
そういう話を聞くと、和装のプロデューサーとして心が躍ります。

自分にとって特別な場面を彩るものとしての和装の選び方を提案します。

色で表現するその時の感情

和装の選び方で重要なのは『色』です
『顔うつり』という自分に合った色を選ぶことも大事ですが、色は自分を表現する為のものとして考えてみて下さい。

先ほどの結婚記念日の話ですが、そのお客様はその時には必ず『青』系の色の和装をするそうです。
その色は、本人が結婚式の時に着たカラードレスの色だという事です。
その時の思い出を表現すると共に、感情も表現しているのです。

和装の選び方にこういう物語が加わると、コーディネートとしては完璧です。

『華やかさ』という言葉

やはり、自分が主役の場面の和装では『華やかさ』を考えた選び方をして欲しいものです。

『華やかさ』とは『派手』という言葉とは違います。
和装では普段の洋装とは違う色を選ぶ事が多いです。
そんな時は、自分が思い描いている以上の『華やかさ』を意識して選んでみて下さい。

きっと、自分の潜在的な魅力を表現することにつながるはずです。

和装の選び方【相手をもてなす自分を主張】

和装の選び方【相手をもてなす自分を主張】

和装が持っている独特のチカラに『謙譲の心』というものがあります。
そして和装には『おもてなしの心』が含まれていると感じています。

誰かの為に和装をするという場面は多々あります。
そんな時は、この心を考えながら選んでみて下さい。

感謝の思いを和装に込めて

感謝の思いを和装で表現することをオススメします。

表現の仕方は多岐に渡りますが、私のオススメのやり方は無地(無地系)を選ぶことです。
お茶の世界では『おもてなし』の観点から、色無地と呼ばれる着物を着る事が多いです。
その延長線上での発想で無地系の和装スタイルを選んでみるのです。

最近は無地系の和装スタイルが全盛期を迎えつつあります。

無地のスタイルも進化を遂げているので、是非選んでもらいたい和装のスタイルなのです。

品という最大の武器

『謙譲』の和装スタイルで重視して欲しいのは、『品』の表現です。

上品さを重視して和装を選ぶと、そのスタイルはより一層洗練されます。
この言葉を念頭において、和装選びをしてみて下さい。

きっとあなたのイメージに近い和装に辿り着けるはずです。

和装の選び方【自分らしく】

和装の選び方【自分らしく】

時には感情の赴くままに『自分らしさ』を表現した和装スタイルも素敵です。

和装は『主張』も大事なのです。
特にカジュアルの場面では、思いっきり冒険するのもまた和装の楽しい選び方です。

もっと自由に和装を

こういう場合の和装の選び方は『自由』で行くべきです。

和装はそれ自体が日々進化しています。
本来非常識とされていた『着こなし』や『コーディネート』が脚光を浴びているのも事実です。
そんな新しいトレンドは『自由』から生まれるものです。

なのでどんどん自由な発想でコーディネートを選んでみて下さい。

ただ『行き過ぎ』にも注意が必要です。
信頼のおけるアドバイザーと共に和装を選んでみるのも一つのやり方です。
和装選びは『楽しさ』というトッピングで彩りを増します。

一人で選ぶコーディネートも素敵ですが、あれこれ言い合いながら選ぶコーディネートも素敵なのです。

和装の進化の中で

私自身、和装をプロデュースし、物作りを行っています。

この物作りの発想は『和装を提案する現場』で生み出される事がほとんどです。
和装を愛する自由な発想が、我々の創作意欲を掻き立ててくれるのです。

なので私は、現場に行くことを一番重要視しています。

それが和装の選び方の提案の幅を広げることになっているのです。

和装プロデューサー
オーガナイザー 山本丈之

イベント情報

2020年9月は3週連続、九州にてオリジナルブランド『想創蒼』の展示会を開催中!
9月11日~15日は福岡県筑紫野市にお世話になります!
(このイベントは終了しました)
詳しい情報を知りたい方はコメント下さい!

最新の展示会情報はコチラをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です