【2021年】年頭のご挨拶

いつもありがとうございます。
『想創蒼』代表の山本丈之でございます。

本来なら、『あけましておめでとうございます』という言葉を使うところですが、少し言葉を変えさせていただいています。

『ありがとうございます』

どんな状況であれ、お客様と関わるすべての人には感謝しかありません。
もっと『ありがとうがあふれる今年にしていきたい』という思いをみなさまに伝え、本年の挨拶とさせていただいております。

2021年の年明けは、かつて体験したことのない様相となっております。

昨年から続く『新型ウィルス』の影響は和装業界のみならず、日本、世界に影響を与えております。
いまだその先ゆきは見えず、すべての人が不安に駆られています。

私どもの活動においてもその影響は大きくのしかかっています。

2020年の活動を総括するのであれば、『「密」を避け、「満つ」に避けられた一年』だったと言えます。

当然、新型ウィルスの感染拡大のための『密』回避です。
お客様に和装を届ける仕事をしている私には、重要かつ最優先事項でもあります。
それなしでは、根本の安心感を届けることはできません。
しかし、もしかしたら我々はそのことを言い訳に、『満足』や『満たされる想い』を追求する行動を緩めてしまったのかもしれません。
結果、お客様に『満つ』を届けることができずに、さらに自身の身近で支えてくれる人の『満つ』を諦めてしまったと感じるのです。

そこには『自分自身の力不足』を強く感じております。

しかしその中で、やはり希望もあります。
その希望を感じるきっかけは、やはり現場での『お客様との触れ合い』の中で感じるのです。

昨年もたくさんのお客様との縁に恵まれ、また縁を深めることができました。
やはりそれは『かけがえのないこと』なのです。

お客様は応援してくれます。
自分たちの困難な状況であるにもかかわらず、です。

こうしたお客様の思いに触れるたびに、やはり胸が熱くなり自身の中に燃え上がるものを感じるのです。

2021年は『団結し飛翔する年に』というテーマで取り組んでまいります。

こんな時代だからこそ『団結』が大事になると思いますし、大事にしていきたいと考えています。
そのためには『満つ』の充実が目的であり手段となります。
私にとって身近な人からコツコツとこの充実を図っていこうと思っているのです。

新型ウィルスはいつか終息します。

そこを見据え、お互い励まし合い団結し、必ず来る明るい未来の飛翔につなげていきたいと思うわけなのです。

本年も何卒、よろしくお願い申し上げます。
私たちは常に慎重に、それでいて大胆に皆様と共に歩んでまいります。

和装プロデューサー
オリジナルブランド『想創蒼』代表 山本丈之

和装ブランド『想創蒼』展示会情報

●『想創蒼』代表 山本丈之

2021年1月は広島で展示会を開催。
1月8日~12日・広島県廿日市市にて
1月15日~19日・広島県広島市にて
1月22日~26日・広島県広島市にて
 これらの展示会は終了しました

●『想創蒼』アーティスト 山下純一

2021年1月は兵庫と京都で展示会を開催。
1月22日~25日・兵庫県丹波市にて
1月29日~31日・京都府舞鶴市にて
 これらの展示会は終了しました

最新の展示会情報はコチラをご覧ください

※状況により予定が変更になる場合があります。
※詳しい会場情報が知りたい方はコメントにて受け付けております。

和装プロデューサー、山本丈之。
幼少期より家業の悉皆業を通じ、日本古美術文化に触れ、その美的感覚を磨く。
2004年より本格的にプロデューサーとしてのキャリアを構築し始め、2010年に『株式会社一声』を設立、和装デザイナーズブランド『想創蒼』のプロデュースを開始する。
国内外に『和装の魅力』『和装の技術』を発信すべく、積極的なアプローチで意欲的に展開中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です