【画像で解説】風呂敷の花びら包み

風呂敷には大いなる可能性があります。

風呂敷で何かを包む時、慎ましやかに上品に包むのも風呂敷の魅力なのですが、場面によっては豪華に華やかに包みたいものです。
今回はそんな風呂敷で華やかさを強調する『花びら包み』をご紹介していきます。

☆この記事を書いた人☆

和装プロデューサー、山本丈之。
古都京都に生まれ、幼少期より日本古美術文化に触れ、その美的感性を磨く。
家業の悉皆業を通じ、伝統と革新の融合した和装ブランドの確立に興味を抱く。
2004年、本格的にプロデューサーとしてのキャリアを構築し始める。
2010年、「作品を通しすべての人々の人生の一部になれる様に貢献していきたい」という想いを込め、古典柄から現代の斬新なテイストを幅広く取りそろえる和装デザイナーズブランド「想創蒼」のプロデュースを開始。

この記事では画像を交えて『花びら包み』を解説していきます。
すぐにでも活用できるやり方になりますので、覚えて早速使ってみて下さい。

それでは、始めていきましょう。

風呂敷の花びら包み

上の画像が『花びら包み』になります。
結び目に大きなボリュームをつけることで、非常に華やかになります。

補足

画像では中幅と呼ばれる、約45センチ四方の風呂敷を使っています。
風呂敷の中では、一番小さなサイズの風呂敷ですが、これ以外のサイズの風呂敷でも同じやり方で包むことができます。

それでは早速、実践していきましょう。
まずは、風呂敷の中心に包みたい物を置きます。

そうして前後の角を取って、頂点でつまみます。

下の画像のように、左右の角を後ろに回して真後ろで交差させ、前で結びます。

ここの作業が難しいのですが、根元でしっかり結ぶことがポイントになります。
そうすることで、綺麗な花びらを作ることができます。

そうして、上に来ているヒダを中心の結び目に差し込んでいきます。
形を整えながら、差し込んでください。

上の写真は片側を差し込んだ状態です。
そうして、もう一つの角も差し込んでいきます。

最後に形を整えて、最初に結んだ結び目を真結びにして、しっかり固定して完成になります。

両面使える風呂敷も多いので、そういった風呂敷を使う場合は裏表のアクセントを活かした花びらを作ってみて下さい。

最後に

ということで『花びら包み』について画像を交えて解説してきました。

こういった風呂敷の包み方を覚えることにより、風呂敷の活用範囲は一気に広がります。
そしてこの包み方は、誰かを笑顔と感動で包むことができるやり方でもあるのです。

おもてなしの精神とは、こういった手技によっても表現することができるのです。
ぜひやってみて下さい。

↓ハンドルを使った風呂敷バッグの作り方はコチラをチェック↓

今後もこういった発信を続けていきますので、よろしくお願いします。

和装プロデューサー
デザイナーズブランド『想創蒼』代表 山本丈之

和装ブランド『想創蒼』展示会情報

※下記のイベントは終了しました

最新の展示会情報はコチラをご覧ください

●『想創蒼』代表 山本丈之

2021年9月の展示会情報は以下のとおりです。
9月9日~14日・福岡県福岡市博多区にて
9月17日~21日・福岡県久留米市にて
9月23日〜28日・福岡県熊本市にて

●『想創蒼』アーティスト 山下純一

2021年9月の展示会情報は以下のとおりです。
9月10日~14日・大阪府守口市にて
9月15日~19日・広島県三原市にて

●『想創蒼』アドバイザー

2021年9月の展示会情報は以下のとおりです。
9月8日〜12日・広島県安芸郡にて

※状況により予定が変更になる場合があります。
※詳しい会場情報が知りたい方はお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です