風呂敷の起源とは?【明日使える豆知識】

風呂敷の起源とは一体どういうものなのか?

最近は『エコブーム』ということでも風呂敷が注目されていますし、日本の伝統柄を使った風呂敷は『ギフト』として国内外を問わず人気です。
さらにはその包み方の教室があったりと、風呂敷は趣味の世界にも広がっています。

この記事では、そんな風呂敷の原点に立ち返って話を進めていきます。

☆この記事を書いた人☆

和装プロデューサー、山本丈之。
古都京都に生まれ、幼少期より日本古美術文化に触れ、その美的感性を磨く。
家業の悉皆業を通じ、伝統と革新の融合した和装ブランドの確立に興味を抱く。
2004年、本格的にプロデューサーとしてのキャリアを構築し始める。
2010年、「作品を通しすべての人々の人生の一部になれる様に貢献していきたい」という想いを込め、古典柄から現代の斬新なテイストを幅広く取りそろえる和装デザイナーズブランド「想創蒼」のプロデュースを開始。

この記事では以下の要領で構成しています。
気になるところをピックアップして、読んでいただいても大丈夫です。

  • 風呂敷の起源の解説
  • 風呂敷という名前の由来

この記事を読むことで、風呂敷の原点を簡単に知ることができます。
風呂敷を使うときの豆知識として持っておくと、活用のしどころが見つかるはずです。

風呂敷の起源とは?【奈良時代までさかのぼる】

『布』には、非常に多くの用途があります。
それを纏うことで布は衣類ともなりますし、それを敷いて使うこともあります。

そんな布を使って物を包むことが風呂敷のルーツとなってくるのです。
その発想は遥か昔よりあったと思われるので起源は定かではありませんが、一番古いものとしては奈良時代に正倉院の宝物の中に、衣装を包むためのものとしての布が残されています。
このような昔から、現代の風呂敷と変わらない使い方をされていたのです。

平安時代には『平包』と呼ばれ、庶民も衣類を包み運ぶために使っていたとされています。

そんな風呂敷のルーツとなる話なのですが、『風呂敷』という名前はどこからきたのかを次に解説していきます。

『風呂敷』という名前の由来

風呂敷という名前には『風呂』という文字があり、やはりここにヒントがあると感じざるを得ません。

元々、入浴という行為は神聖なものとされ、裸で入浴するのではなく白衣を着るのがその作法でした。
その衣類の脱ぎ着を布の上で行い、その布が『風呂敷』と呼ばれるようになったのが、風呂敷の言葉の起源とされています。(※諸説あり)

室町時代になると、大名などが招かれて入浴するときに、他者の衣類と間違えないように家紋のついた風呂敷を使い、入浴後は風呂敷の上で衣類を整えていたという記録が残っています。

さらに江戸時代になると、庶民も銭湯に行くようになります。
その時にも、風呂敷は衣類や入浴道具を持ち運ぶために使われたりして、広く浸透していくこととなります。

その後は物を運ぶためのバッグとしての使い方や、贈答品などを包むために使うなど、その用途は非常に多様化していくこととなるのです。

最後に

風呂敷の起源とその名前の由来ということで話を進めてきました。

物事には何にでもそのルーツがあり、いわれがあります。
それを知っていると知らないとでは、物に対する『想い』の部分が変わってくると信じています。

風呂敷という身近に扱える物を使って、和装にも興味を持っていただきたいと思っています。
今後もこういう発信を続けていきますので、よろしくお願いします。

和装プロデューサー
デザイナーズブランド『想創蒼』代表 山本丈之

↓風呂敷のギフトラッピングについてはコチラをチェック↓

和装ブランド『想創蒼』展示会情報

●『想創蒼』代表 山本丈之

2021年3月の展示会情報は以下のとおりです。
3月5日~9日 愛知県豊橋市にて
3月12日~16日 熊本県八代市にて
3月19日~23日 福岡県久留米市にて
3月26日~30日 福岡県福岡市(博多区)にて
 これらのイベントは終了しました。

●『想創蒼』アーティスト 山下純一

2021年3月の展示会情報は以下のとおりです。
3月5日~9日 大阪府交野市にて
3月11日~14日 福島県福島市にて
3月19日~23日 大阪府豊中市にて
3月26日~28日 東京都町田市(南町田)にて
 これらのイベントは終了しました。

最新の展示会情報はコチラをご覧ください。

※状況により予定が変更になる場合があります。
※詳しい会場情報が知りたい方はお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です